卵巣がん経過観察中 ~ 私の後ろに道はできる

(旧ブログ 卵巣がんになったでござる)漿液性線癌3C 再発防止のための生活や日々感じたことなど

Entries

TAP the last show ~ 試写会



水谷 豊氏の初監督作品て事で興味があった
構想40年だって~

moblog_2d1247d4.jpg


正直 最初は何だかよくある感じだなあって
雰囲気ありありのインテリアとか
いかにもだな~と ちょっと期待外れとか思ったけど

最後のshow
見応えたっぷり、圧巻
Showを観るための前筋てか
tapが あんなに迫力あり ビンビンくるものとは知らなかった~
ともかく、ダンスがすんごい!

エンドロールで tap指導か演出だったかな
HIDEBOHって
映画にも出てたけど
すごいなって思いましたね

エンターテイメントは こちら側からは夢だけど
あちら側からは 様々で
そんなこんなも垣間見れる作品でした


web拍手 by FC2

家族はつらいよ2~ 試写会


これ~
確かに 会場では爆笑の声も聞かれ
最後には拍手も起こってました

moblog_9a302eda.jpg


私は ちょっとあれだったけど
確かに 後味ほっこり系で
寅さんを観てないけど
きっと寅さんて こんな感じなのかなと思いました


web拍手 by FC2

人生フルーツ~




珍しくダンナさんと観た

普通の日だから
一人で1800円、二人でも割引で2000円
今後の参考にとの目的もあったし
誘った

moblog_09e864b0.jpg

まず、超超満席でびっくり!
道新にも掲載されてたからかな

マッカーサーを出迎えたと言う青年期や高度成長期、時代の変遷真っ只中の彼の人生や
結婚してから 物が言えるようになったと言う造り酒屋のお嬢さんだった奥さまと
スローライフのみならず
深みのある重厚なドキュメンタリでした

一緒に観てセイカイ~
これからかの生活のヒントがいっぱいでした

よかったな…



web拍手 by FC2

髪をセット~





連休に 孫の百日写真にお呼ばれし
せっかくだから 着物を着ることにした

それで近所で着付けしてくれる美容室を探し、予約し
「髪はセットしますか?」の問に一瞬怯んだけど
はいと返答していた

本当は自分でしようかと思ったけど
ショートをまとめるのは 困難だなと思ってたから
なんだかついついyesてお返事したけど
私の事情を知っている美容師さん以外に髪をあれされるのは
抵抗があり、ちょっとドキドキするのだ

前髪が、伸び悩みてか、5年経っても未だに半分は戻らない
だから すごく薄く
したい髪もできず、ユウウツの種
自分なりに悪戦苦闘している


で、当日美容師さんにセットしてもらったけど
何だか自分が落ち着かないから
「もう5年も経つんですけど、薬…抗がん剤してから、前髪がもう生えてこなくって、きっとセットしにくいと思います」と言ってみたら

「わかります、私もそうでした」ってお返事で
ムムムと思ったけど 初対面だし、人各々バックボーンが違うし
そこで会話は一時終了したけど
何だかほっとした

大抵の場合、聞いた人の方が反応に困ると思うから
なるだけ言わないようにしている
聞かれたら なんぼでも話せるし、むしろ正しい理解を
してほしいなって思ってるしね

しばらくして
美容師さん「どこですか」
私「卵巣です」
私「どこでしたか」
美容師さん「私は白血病でした」
私「またこんなふうに仕事に復帰されてよかったですね」

と、まるで互いの出身地を聞いてるようだなって
ちょっと可笑しかった

ガンのサバイバーさんが こうやって現役復帰しているのを
見るのは 何だか力が湧いてくる
そんなヒトコマでした…



moblog_70e9012c.jpg

moblog_582bc064.jpg

moblog_10a5bbe9.jpg
web拍手 by FC2

医師の燃え尽き症候群~



定期的に中村祐輔先生の”シカゴ便り”を読ませて頂いていますが
4/18のブログを読んでびっくりしたてか 目から鱗

医師で燃え尽き症候群の兆候を持っている人が増えているという話題で
その原因に 電子カルテに記入するのが過度に増えていて
患者とのコミュニケーションの時間が取られストレスになっているとの事


私も経験あるけれど
初めて癌の告知を受けた時、画面を見て話しをする医師にかなりショックで
その後 別室で看護師さんに血液検査のための注射をされた時
「今の先生が これから担当になるのですか」と聞いてしまった
チームで担当しますと言われたけど
かなり傷ついた
まあ、ちょっと違うけど
日々の検診も 「変わりないです」と答える私には
次回の検診の予約のため ほぼほぼ画面とにらめっこ

一年目は、物足りない感はあったけど
待合室の混み具合を見ると こんなものかと割りきっている
特に問題もないしね

それにしても 患者のみならず
医者の方も 電子カルテに打ち込む、face-to-faceで話ができないことが ストレスになっていたとは…まさに目から鱗でした

次回の検診から
私は画面を見つめて話す先生に
優しい眼差しを向けますね


医療の問題は あちこち山積だけど
何とかしようと頑張っている方達
先生達のようなトップから 市民活動まで
頭が下がります





moblog_5fdd7ded.jpg
web拍手 by FC2

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

ピロコ

Author:ピロコ
「 卵巣がんになったでござる 」から引っ越してきました。↑上記のリンクからいけます。よかったらどうぞ!

2011・5月に手術、9回の抗癌剤治療を経て経過観察中
漿液性線癌3Cからのスタート~

2012・7月からフルタイムで復職、抗癌剤治療中に自動車免許の更新をし有効期限5年、う~ん。。。意味深。とりあえず次回の免許更新ができたら勝手に自分に勝利宣言をし一区切りする予定。それまでこのブログを続けると決めました。

好きな事は40歳から始めた大人のバレエ、細くとも長~く続けたい、バーレッスン大好き自称バレリーナ。。。


好きな言葉は 僕の後ろに道は出来る~ そんな道を3人の子供が見てると思うだけで心折れずにやっていける

人として成熟できるようにさりげに頑張るピロコです。。。。

SINCE 2012・9・9