卵巣がん経過観察中 ~ 私の後ろに道はできる

(旧ブログ 卵巣がんになったでござる)漿液性線癌3C 再発防止のための生活や日々感じたことなど

Entries

BS プライムニュース~ 「がん患者」との対話…






7/26 BS プライムニュースの「がん患者との…」~のタイトルに引かれ観たテレビ

酸いも甘いも知り尽くしたご年配の病理医と臨床医が出演されてました

最後の方は 家族の対応の なんとかの(正確には忘れた)おせっかい 云々の話になり
夫も観てたので 流石に私は気まずくなり チャンネル替えてお風呂に入りましたが…

大変大変 失礼だけど
正直 笑ってしまった
もちろん馬鹿にした笑ではなく
あまりの率直さと 本当すぎるしょー、そんなに言っていいんかい!てのと
多分 ガンを経験し数年経ち 受け入れている人々、私を含めね
そうゆう人々は理解できるけど、まー多々ドキドキするとこあったけど なかなか土俵が違うと イキナリは理解しがたいと思う

森本レオさんのように淡々と語る病理医と司会者、反町さんの唖然としたお顔
ホント失礼だけど 可笑しかった~


私もガン哲学て言葉を初めて聞いたけど

まさに ガンになり私自身ずっと考えてた事で
~明日 世界が終わるとしても リンゴの木を植えよう~
な生き方、死に方をよく考えるようになった
実は私、「14才からの哲学」も50過ぎて読んでみた

このような事が この番組で取り上げられ
ガン=闘病ばかりではなく
様々な角度で 語られるのは喜ばしい限りです

本来はガン患者、サバイバーだけの問題ではなく
必ず死を迎える人間の問題なんだけど
なかなか健康な時は 日々の暮らしで一杯だから 考えないけど

ガンになったからこそ、立ち止まり考えたから
なるほどな~ガン哲学と言う言葉に
大層 感心したしだいです

で、その病理医の先生は「ガン哲学外来」で、患者さんと 沢山お話されてるようでした
大学病院じゃ無理ってましたが

私も本当の本当は 担当医とは色々話してみたい
信頼関係につながるから

何故医者になったのか、抗がん剤のことやら、近藤医師をどう思うかとか どんな考えをお持ちなのかとかね
でも 超多忙なの知ってるから
できませんけど

「ガン哲学外来」と出演されてた先生達に衝撃だった
プライムニュースでした



夕暮れは 海で黄昏てます~

moblog_2b957a83.jpg









web拍手 by FC2

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

ピロコ

Author:ピロコ
「 卵巣がんになったでござる 」から引っ越してきました。↑上記のリンクからいけます。よかったらどうぞ!

2011・5月に手術、9回の抗癌剤治療を経て経過観察中
漿液性線癌3Cからのスタート~

2012・7月からフルタイムで復職、抗癌剤治療中に自動車免許の更新をし有効期限5年、う~ん。。。意味深。とりあえず次回の免許更新ができたら勝手に自分に勝利宣言をし一区切りする予定。それまでこのブログを続けると決めました。

好きな事は40歳から始めた大人のバレエ、細くとも長~く続けたい、バーレッスン大好き自称バレリーナ。。。


好きな言葉は 僕の後ろに道は出来る~ そんな道を3人の子供が見てると思うだけで心折れずにやっていける

人として成熟できるようにさりげに頑張るピロコです。。。。

SINCE 2012・9・9