卵巣がん経過観察中 ~ 私の後ろに道はできる

(旧ブログ 卵巣がんになったでござる)漿液性線癌3C 再発防止のための生活や日々感じたことなど

Entries

親の老と向き合う





半月程 母が入院した
細くなった気管を広げる点滴治療の後
普通の生活に戻るためのリハビリをしっかり一週間してもらい
一人暮しとわかると
先生が入院中の方がよいからと
介護保険の申請をしてくれた
先生はじめ、看護士さんからスタッフ、おそうじのおばさんに至るまで 親切な病院でした

色々自分でやってるからと母任せにしてたけど

公的支援を利用する事を病院が薦めてくれたこと
社会福祉士の娘も軽いうちから 地域の福祉と繋がっておいた方がよいと言うアドバイスと
母の居なくなった家に残された生活跡から ちょっとした事が大変になっているのが ひしひしと感じられ少しショックだったこと

等々から
私の生活に本気で母のサポートを入れる事に決めた


母の現状を海外赴任中の兄夫婦に連絡したら
金銭的なことは出来る限りすると申し出てくれて
そうゆう人達とふんではいたけど
予想以上の温かい言葉に
遠慮なくって言葉に
すご~く精神的に楽になった


そんなこんなで
孫ができ、親の老と向き合う時期が来て
世間様から見聞きしてた事が
私にもきたなと
人生の流れと自分の立ち位置を知らせる出来事でした

母より私が先かなとか 多少なりとも思ってたけど
見送る人になれそうで 娘として安堵してます

で、話は戻りますが
介護保険認定の際
最後に皆さんに聞いてますのでと
遠慮がちに 今日の日付と季節を答えて下さいとの
介護福祉士の質問に
母は「はい、9月23日です」と答え
私はじめ、他2名の方と3人で目が点になりましたね

今までの
しっかりしてますねが ガタガタと崩れ
判定が急上昇する温度計のような絵柄が想像されました
あ~びっくりした!

しっかり最後にボケてくれました~笑



moblog_0780ce1a.jpg





web拍手 by FC2

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

ピロコ

Author:ピロコ
「 卵巣がんになったでござる 」から引っ越してきました。↑上記のリンクからいけます。よかったらどうぞ!

2011・5月に手術、9回の抗癌剤治療を経て経過観察中
漿液性線癌3Cからのスタート~

2012・7月からフルタイムで復職、抗癌剤治療中に自動車免許の更新をし有効期限5年、う~ん。。。意味深。とりあえず次回の免許更新ができたら勝手に自分に勝利宣言をし一区切りする予定。それまでこのブログを続けると決めました。

好きな事は40歳から始めた大人のバレエ、細くとも長~く続けたい、バーレッスン大好き自称バレリーナ。。。


好きな言葉は 僕の後ろに道は出来る~ そんな道を3人の子供が見てると思うだけで心折れずにやっていける

人として成熟できるようにさりげに頑張るピロコです。。。。

SINCE 2012・9・9