卵巣がん経過観察中 ~ 私の後ろに道はできる

(旧ブログ 卵巣がんになったでござる)漿液性線癌3C 再発防止のための生活や日々感じたことなど

Entries

経過観察5年経ち思う事~ 情報




この6年(術後から)を振り返り
大事だなって思うのは
情報だなって思う


ガンと言われ
何をどうしたらよいものか、動き出す術をわからなかった時
確か 夫が健康雑誌を持ち帰り
そこに載ってた身体によい水を買ってくれたんだけど
その雑誌は、ガン特集で
自分でも何かできることがあるんだと知った事が
一番の始まりのはじめのはじめで
なす術がある~てのは 私にとって大収穫だった


それから パソコンで 「卵巣ガン」を検索しまくった

そして この世に病気の人が沢山いて
ブログで 赤裸々に綴っていることに 大変驚いた

卵巣ガンだから 女性が発信しているものばかり読んでいたけど

ある時 NHKのガン特集を観て
たまたまその件に触れていた記事を読み
その男性が推薦していたブログが
私の心の師匠のキノシタさんのブログで
そこで シュレベールの「がんに効く生活」を読み
自分の基本方針が固まった
そして キノシタさんが薦める本を読み
自分なりに 自分にハマることを見つけられた

これは確か 9回目の抗がん剤が終了した頃の出会だったかな…

約一年の治療中は
済陽先生の本を信じ実施していた
ひたすらやっていたけど
塩分をおさえた味気ない食事を一生しなくてはいけないのかと
お先まっくら~と悲観した記憶がある

何回目の抗がん剤終了のご褒美に
禁を破り 塩を少なめにしてもらい食べた焼鳥の美味しかったこと
肉を食べ 身体に力がみなぎる感じ忘れない
それから 「がんになったら肉をたべなさい」読んだ

病院では 全く食事指導はなかったので
(好中球減少の生もののあれはあったけど)
何がなんなんだろうと 混迷の入口にたったこともあった

あと、図書館からガンにまつわる本、心を強くするための本を
借りまくって
印象深かったのは がん患者学の柳原和子さんと 柳田邦男さん


柳原和子さんの 自他共に完治したと思ったまさかの7年後の再発は
強烈な印象で
私の中でも 7年は ひとつのラインになっる

そんな、色々な経緯はあったけど
私がラッキーだったと思うのは
様々な玉石混合のインターネット情報で
よい情報に巡り会えた事と思っている

玉は 発信している方の人柄か、軸のようなものに
共鳴できるか否かだと思う

治療中は 時間もあったので
仕事のようにパソコンに向き合い
ネットサーフィンしてたけど

時間もなくなったし
ひとまず自分も落ち着いたので
現在は
気になる同病の方達のブログと
5名のお医者様のブログと
キノシタ師匠のブログと読ませて頂き
情報を得ている

本当に 本当に有りがたい事です

インターネット情報で よい情報をつかめる
つかめる世代にいることが
今の寛解状態に影響しているじゃないかと思う


moblog_1118f32b.jpg



web拍手 by FC2

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

ピロコ

Author:ピロコ
「 卵巣がんになったでござる 」から引っ越してきました。↑上記のリンクからいけます。よかったらどうぞ!

2011・5月に手術、9回の抗癌剤治療を経て経過観察中
漿液性線癌3Cからのスタート~

2012・7月からフルタイムで復職、抗癌剤治療中に自動車免許の更新をし有効期限5年、う~ん。。。意味深。とりあえず次回の免許更新ができたら勝手に自分に勝利宣言をし一区切りする予定。それまでこのブログを続けると決めました。

好きな事は40歳から始めた大人のバレエ、細くとも長~く続けたい、バーレッスン大好き自称バレリーナ。。。


好きな言葉は 僕の後ろに道は出来る~ そんな道を3人の子供が見てると思うだけで心折れずにやっていける

人として成熟できるようにさりげに頑張るピロコです。。。。

SINCE 2012・9・9