卵巣がん経過観察中 ~ 私の後ろに道はできる

(旧ブログ 卵巣がんになったでござる)漿液性線癌3C 再発防止のための生活や日々感じたことなど

Entries

22歳と言えば。。。





昨日はうま君の22歳の誕生日

でも本人外泊、うま君との予定が合わず誕生会は中止

友達がやってくれるらしい

一応 例のプレゼントあげておしまい

でも、今まで21回かかさずケーキをふぅ~してたのに 22回目でやめるのは何だか気持ち悪いので 急遽近所の不二家でショートケーキ買ってきて やっつけ的にローソクさして

いつものお歌うたって  ふぅ~ 


産まれた時から動きは一番器用、上下の子達のようにひっぱったり、押したりする事なく、上手に回転しながら産まれてきた、上の子難産だったから これが正解のツルリンか~と産みながら感動した記憶があります
0歳時一番私とアイコンタクトできた子、なんと7ヶ月歩き出し、10ヶ月検診はくつはいて自分で歩いて行って保健婦さんから一発OK、他の母親達から驚異と羨望の視線を受け軽く快感を味わい、1歳の誕生日には一升餅をらくらくしょって歩き

それから1才5ヶ月でお兄ちゃんになり、赤ちゃんの座を弟に譲ってくれました

だから 早くお兄ちゃんにさせちょっぴり不憫な まんなかの長男うま君も22歳。。。

で22歳と言うと やはり。。。

風の22歳の別れ

昔、私が23か24才頃 テレビで「 昨日、悲別で 」って倉本聡氏のドラマやってたんだけど、もうタイトル聞いただけで切なくなる~。。おっぱい役の石田えり、天宮良、タップチップス、悲別ロマン座、駅長。。。

で、このドラマのテーマ曲が 22歳の別れ で 相乗効果で印象深い
このドラマ後 ミュージカル化されたんだけど それも観に行った エンディングでみんなでこの歌を歌ったんだよね~

すご~くよかった 

色んな事情をかかえた若者が夢の実現目指し東京へ、きれい事ばかりじゃない現実、故郷とのつながりも切れずに仲間達と成長してくお話

このドラマに出てた悲別ロマン座 当時独身だった私とやっちゃん歌志内まで見に行ったな


北海道のドラマや映画はやはり炭鉱の街の衰退テーマにしたものが多いし、今でもその爪あとはしっかり残っている

22歳はちょうど大学卒業して社会に巣立つ年齢、そしてまだ 鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに いる年齢。。。まだまだ蒼いけど精神的に親とはお別れ

うま君、あなたの武器はその優しさと その小さな体張って頑張ったサッカーと厳しい父によって培われた がまん強さです


あなたは あなたのままで変わらすにいて下さい、そのままで ~

と22歳のうま君にきれ~にまとめてみました 。。。。ちゃんちゃん

あ~ここまできたら やっぱホールケーキ買って 普通のローソク22本立てて、「 ひとつひとつがみんな君の人生だね 」ってカッチョいい事言いたかった~ どうせ奴は22歳の別れなんて知らないだろうから。。。

moblog_bfdcb80c.jpg  moblog_0ab69078.jpg








  

web拍手 by FC2

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

プロフィール

ピロコ

Author:ピロコ
「 卵巣がんになったでござる 」から引っ越してきました。↑上記のリンクからいけます。よかったらどうぞ!

2011・5月に手術、9回の抗癌剤治療を経て経過観察中
漿液性線癌3Cからのスタート~

2012・7月からフルタイムで復職、抗癌剤治療中に自動車免許の更新をし有効期限5年、う~ん。。。意味深。とりあえず次回の免許更新ができたら勝手に自分に勝利宣言をし一区切りする予定。それまでこのブログを続けると決めました。

好きな事は40歳から始めた大人のバレエ、細くとも長~く続けたい、バーレッスン大好き自称バレリーナ。。。


好きな言葉は 僕の後ろに道は出来る~ そんな道を3人の子供が見てると思うだけで心折れずにやっていける

人として成熟できるようにさりげに頑張るピロコです。。。。

SINCE 2012・9・9